ラクトフェリンの副作用について

ラクトフェリンの副作用…気を付けるべき点とは

ラクトフェリンには様々な効果が期待できます。高い効果が得られる物には、副作用の有無が気になる人も多いのではないでしょう。かならず話題になることでもあります。
ラクトフェリンの副作用はあるのでしょうか。

 

ラクトフェリンの副作用

 

様々な期間で研究がされているラクトフェリンは、副作用や悪影響についても研究がされています。しかし、副作用についての報告はほとんど無く、気にする必要はないと考えられます。また、副作用とは化学的に作られた薬などに対する言葉ですから、栄養素の一種であるラクトフェリンには副作用の心配はないと考えられます。
しかし、場合によっては、副作用といわれる可能性のある症状のようなものが起こる可能性はあるでしょう。

 

アレルギーとの関係

 

乳製品との密接な関係のあるラクトフェリンは、アレルギーという意味では副作用があり得る可能性はありますので注意が必要な場合もあるでしょう。
多くのものについてアレルギーに関する可能性はあるため、ラクトフェリンが特別ということではありませんが、乳製品アレルギーを持っている人は医師へ相談をすると良いでしょう。
ラクトフェリンは、乳製品アレルギーの場合には注意が必要ですが、アレルギー症状を起こすヒスタミンの生成を抑える効果が期待できるため、花粉症やアトピー性皮膚炎の場合には逆に症状の緩和に繋がる可能性もあります。

 

摂取の仕方と副作用

 

ラクトフェリンは安全性が高く、副作用もほとんどないといわれるラクトフェリンではありますが、どんなに健康に良いものでも摂り過ぎることで体への何らかの悪影響がある可能性は否定できませんので、過剰摂取を避けましょう。
考えられるのは、腸への影響です。整腸作用が期待できるラクトフェリンの摂取によって、活発になりすぎた腸の働きの影響で、下痢を起こす可能性があるでしょう。特に乳製品が身体に合わないといった心当たりがある人は、しっかりと摂取量を守る必要があります。気になる場合には、少ない量のトライアルサイズの物などを試して、身体に合うかどうかを確認しておくと良いでしょう。
さらに、妊娠中や授乳中は体内でもラクトフェリンが生成されることを考えると、注意すべきです。医師への相談をしてから摂取すると安心でしょう。

 

ラクトフェリンの摂取量

 

ラクトフェリンは、1日に摂る摂取量の目安はあります。決められた上限はないものの、推奨されている摂取量は150〜400mg。栄養補助食品やサプリメントでの摂取量を確認しておきましょう。それだけでなく、身体の調子を見て摂取量を調節する必要があることも考えられます。
摂取量の目安には幅がありますが、人それぞれに適量があると考えられるため、少ない量から始め、少しづつ増やしていくと安心でしょう。摂取量が多ければ効果が高くなる訳ではありません。多くを1度に飲むよりも、継続して摂取することの方が大切です。

 

安全性は?

 

副作用の心配はほとんど無いといわれているラクトフェリンは、抵抗力のない赤ちゃんが飲む母乳に含まれる成分です。高い抵抗力をつけるために必要な成分として注目された物ということもあり、高い安全性が期待できる食品といえるでしょう。
アメリカでは、GRASといわれ安全性が認められています。

 

ラクトフェリンを摂取するには

 

ラクトフェリンは通常の食事で取ることが難しいものです。そのため、効果を期待するのであればサプリメントなどの健康補助食品を利用すると良いでしょう。しかし、注意したいのはその選び方です。

 

サプリメントの選び方

 

ラクトフェリンは、酸と熱に弱い成分です。摂取したとしても胃酸の影響を受けてしまえば効果は期待できないため、サプリメントの選び方にも注意が必要です。多くの種類がある健康補助食品から、より効果的なものを選ぶことでその差が表れます。
胃酸の影響を受けない腸までしっかりと届くように作られているものを選びましょう。
その点でもオススメなのは、ライオンのラクトフェリンです。胃酸で溶けず腸まで届くように特殊コーティングがされているため、ラクトフェリンが分解されることなく腸から吸収されるでしょう。
特に内臓脂肪の減少に効果を発揮する可能性があるといわれ、さらに腸内環境を整えるため、お腹周りが気になる人にはオススメでしょう。それ以外にも、ラクトフェリンには多くの効果が期待できます。健康的な生活を送るためにも役に立つといえるでしょう。
副作用の心配も殆どなく、安全性も高いラクトフェリンを活用してみてはいかがでしょうか。