内臓脂肪を減らす食事まとめ

内臓脂肪を減らす食事…ほんのちょっとの心がけ

内臓脂肪は体に様々な影響を及ぼします。放置すれば重篤な病気に繋がるため、内臓脂肪を溜めない生活が注目されています。内臓脂肪の影響で、生活習慣病と言われる糖尿病、高血圧や高脂血症を起し、場合によっては動脈硬化や心疾患の恐れがあります。
内臓脂肪を減らすためには、運動以外にも食事の改善を心がけると効果的と言われています。毎日体を動かしているつもりでも、お腹の脂肪に変化がない場合には、食事の内容や摂り方を見直す必要があるかもしれません。食事を心がけることで、内臓脂肪を増やさない事にもなりますので、運動と共に必要なことといえるでしょう。
運動の効果が感じられないという人や、運動の時間をなかなか取れないという人は、食事に気を使ってみましょう。
では、内臓脂肪を減らす食事とはどのようなものでしょうか。

 

内臓脂肪の原因を知る

 

内臓脂肪を減らす食事を知るためには、まず内臓脂肪の原因に注目しましょう。内臓脂肪は比較的落としやすいといわ言われていますが、それと共にとても付きやすい性質を持っています。脂肪は日々の生活でついてしまうものですが、皮下脂肪と同じく内臓脂肪も日々の生活習慣によってついてしまうもの。減らすためには、日常生活を改善することが重要です。

 

内臓脂肪は食事と運動不足でつく

 

内臓脂肪は、日々の食事によりついていく可能性があります。食べ過ぎ飲み過ぎはもちろんのこと、食事の内容が高カロリー、高脂質であれば日に日に増えていくことになります。
また、炭水化物のとり過ぎも同じことが言えるでしょう。生活の中での活動量とカロリーのバランスが崩れていれば、脂肪はどの部分にもつくことになります。
また、年齢と共に代謝が低下することを考慮することも大切でしょう。

 

内臓脂肪を減らすには、まず食事の改善

 

内臓脂肪を減らすには、適度な運動も効果的です。しかし、運動を行い減らしたとしても、日々の食事が内臓脂肪を増やしてしまう可能性があるため、食生活の見直しも必要と考えられます。食生活と運動を同時に行えば、内臓脂肪は効果的に減らすことが可能です。

 

アルコールの摂りすぎに注意

 

まずは、アルコールを日常的に摂る人は減らすことを心がける必要があります。全く摂取しない日を増やすだけでも内臓脂肪を減らすことになり得るでしょう。
同じく、炭酸飲料やジュース、缶コーヒーの糖分にも注意が必要です。多くの砂糖が入っている飲み物を日常的に飲んでいるのであれば、ノンカロリーの飲物に変更する努力を。

 

脂質の低い食事を心がける

 

また、脂質の多い食事が好きな人は、極力揚げ物を取らないようにします。しかし、全く摂らないことでストレスが溜まる可能性がありますので、1週間に1度程度に抑えられるよう努力をするようにしてみると良いでしょう。

 

夜遅くの食事を控える

 

どうしても夜遅くに食事を摂る習慣がある人はいらっしゃいます。しかし、体脂肪を減らす食事を心がけるのであれば、夜9時以降は控えましょう。この時間以降に食事を摂ることで、遺伝子がエネルギーの溜め込みを促進します。
そのため、内臓脂肪も増える可能性が高いのです。食事の時間を早めることと併せ就寝時間も早めると良いでしょう。

 

植物性タンパク質と野菜

 

食事での脂肪の摂りすぎは内臓脂肪を溜めることになりますから、出来る限り動物性タンパク質ではなく植物性タンパク質を摂るよう心がけましょう。動物性たんぱく質を取る時にも、青魚などを選ぶと良いでしょう。オメガ3系の良質な油を取ることができ、痩せるためのホルモンに働きかけるといわれています。また、血液をキレイにし血行促進効果も期待できます。血行が良くなれば新陳代謝もアップし、脂肪の燃焼を促します。
また、緑黄色野菜を進んで摂り、ビタミンやミネラル食物繊維をしっかり摂れば、体内をキレイに保つことができます。

 

できる限り自炊を

 

外食やテイクアウト中心の食事は、内臓脂肪をためる原因になるといわれています。その差は1.5倍ともいわれるほど。
バランスを考えての自炊を増やすことで、内臓脂肪をためるリスクを減らすことができます。
難しい場合には、メニューに気を付けるなどの工夫をしてみましょう。どんぶり物やカレー、ラーメンなど、あっという間に食べられるような食事は、血糖値を急上昇させることになり、脂肪も付きやすくなります。食事は、外食であっても和食の基本形の一汁三菜がオススメです。

 

体脂肪を減らす効果的な食事の取り方

 

ついてしまった内臓脂肪を取るための食事は、脂肪をためない食生活とともに、バランスを整える必要があります。
1日の3食の食生活は基本ですので守りましょう。食事の回数を減らすことで脂肪を減らすことが出来ると考えがちですが、体の中ではエネルギーを必要とし飢餓状態になる可能性があります。そうなればその後に摂った食事を蓄えておかなくてはいけないと判断し、身体に溜め込むことに。3度の食事から食事を抜くことは、必ずしも脂肪を減らすことにはならないのです。
特に朝ごはんはエネルギーとして日中に使われるため、バランスのとれた食事をしっかりと摂る習慣を付けましょう。エネルギーの燃焼を円滑に行うことで内臓脂肪も燃焼しやすくなります。また、食事は良く噛み、腹八分目に抑える努力をすると効果的です。
このような内臓脂肪を減らす食事を継続して心がけるだけでも内臓脂肪の蓄積を抑え、徐々に減らしていくことになります。

 

ラクトフェリンの効果で更に内臓脂肪を減らす

 

運動や食事での内臓脂肪の減少は、日々の努力が必要です。そのため、続けることを苦痛に感じることもあるでしょう。食事からの摂取カロリーよりも、カロリー消費を多くすることで内臓脂肪を減らすことが可能ですが、多くの事を長期間継続するのはなかなか難しいことです。
そこでオススメなのがラクトフェリン。ラクトフェリンは内臓脂肪を減らす効果が高いと言われています。

 

ラクトフェリンの内臓脂肪への効果

 

ラクトフェリンの摂取が内臓脂肪を減らす働きをするということをライオン社が発表しています。
ラクトフェリンは、内臓脂肪をエネルギーに変えるよう促し、ラクトフェリンが腸から吸収されると、脂肪を燃焼する効果があるとも言われています。
注意すべきなのは、ラクトフェリンの性質。酸や熱に弱いとされるため、ラクトフェリンそのままの摂取は胃酸や消化酵素の影響を受け、分解されてしまうため、効果が低下してしまうことがわかっています。そのため、ただラクトフェリン摂取すれば良いというものではなく、しっかりと腸まで届くものでなければならないのです。
また、通常の食事からラクトフェリンを摂ることは難しいため、サプリメントなどからの摂取が望ましいでしょう。

 

効果的なラクトフェリンとは

 

サプリメントでの摂取が効果的と考えられるラクトフェリンも、選び方を間違えると必要としている効果を得られない可能性があります。
オススメなのは、腸まで届くようコーティングをすることで胃酸の影響を受けにくくした、ライオンのラクトフェリンでしょう。特殊技術で、しっかりと腸まで届くよう工夫がされています。また、通常の摂取量の目安と言われている300mgを3粒で摂ることができるため手軽で負担になりません。
ラクトフェリンの摂取と、出来る限りの生活習慣の改善で、内臓脂肪の減少に役立ちます。健康な生活のために取り入れることで、将来的にも安心ではないでしょうか。