乳酸菌とは

乳酸菌についてを知れば、大切な事が分かる!

乳酸菌といえばヨーグルトを思い出す人が多いのではないでしょうか。代表的なのは乳製品ですが、それ以外にもぬか漬けや味噌に含まれます。乳酸菌の中にも、動物性と植物性があるのです。
この乳酸菌というものは、身体の中でとても重要な役割を果たします。

 

乳酸菌の働きとは

 

乳酸菌は、それぞれの食物の中のブドウ糖や乳糖を発酵させ、乳酸を発生させます。その乳酸により雑菌の繁殖を阻止したり、食品のうま味を増す効果があります。乳酸を作る菌が乳酸菌なのです。

 

善玉菌と悪玉菌

 

人の身体の中には善玉菌と悪玉菌が存在し、悪玉菌が優位になることで体の不調が起こるといわれていますが、乳酸菌を腸内に取り入れることで、腸内で働く善玉菌を増やすための餌となり善玉菌を増やすと共に、自ら悪玉菌が増えるのを阻止し、腸内環境を整えます。善玉菌と悪玉菌は常に競合を繰り返しているため、ちょっとしたことで腸内環境は悪化する可能性があります。乳酸菌は、腸内環境を整えるために必要なものとも言えるでしょう。
腸内環境を整えることで体調改善できる事は、ご存知の人が多いのではないでしょうか。

 

腸内環境改善による効果

 

乳酸菌で活性化された善玉菌は病原菌を攻撃し、腸内環境を整えることで腸の運動機能がアップします。便秘を起こさないよう促すとともに、血液中のコレステロールを抑え、免疫力アップのために役立つため、アレルギーの緩和も期待できるでしょう。また、乳酸菌は腸の中だけでなく口の中にも存在し、歯周病や虫歯のリスクを減らす働きをしています。
腸内環境が悪化し便秘が続くことで毒素が発生し、腸から吸収され血液中に流れだします。毒素が血液と共に全身に運ばれれば、肌荒れや血行不良が起こる可能性が高くなります。逆に、腸内環境が整っていることで、美肌を保つことが可能です。腸内で善玉菌を優位にしておくことは、身体全体に良い影響を与えるのです。
しかし、この働きを得るためには、乳酸菌が腸まで生きたまま届かなければなりません。

 

乳酸菌とラクトフェリン

 

乳酸菌とラクトフェリンを、同じようなものと考えている人もいらっしゃるかも知れませんが、同じく生乳にから得ることのできる成分ではあるものの、根本的に全く別の物。その効果についても大きな違いがあります。

 

乳酸菌は細菌

 

乳酸菌というのは、細菌の仲間で微生物の一種。身体を健康に保つためには欠かせない常在菌の1つです。身体の中にも存在し、腸内で約40種類の乳酸菌が活動しています。
腸内では通常、雑菌の繁殖を抑えるために酸性を保っています。バランスが崩れたとしても、乳酸菌が増えることで、酸性に戻すことができ、善玉菌が繁殖しやすい状態に促すことが可能です。

 

ラクトフェリンとの違い

 

乳酸菌は生乳に含まれ、ラクトフェリンはもともとは母乳に含まれるタンパク質です。含まれるのは人間以外の動物にも共通しています。さらに、体液にも含まれ、身体の免疫力を高める働きをしていると言われています。
商品化されたラクトフェリンは生乳から抽出していますが、乳酸菌とは性質が違い、その働きにも違いがあるのです。

 

乳酸菌とラクトフェリンを共に摂ることでの相乗効果に注目

 

ラクトフェリンと乳酸菌ではその働きに違いがあります。ラクトフェリンは乳酸菌の働きを活性化するために役立つため、共に摂取することで相乗効果が得られると考えられます。
ラクトフェリンと鉄分の結び付きは強力なため、鉄分を吸収しながら増殖する悪玉菌の働きを制御することが可能で、ラクトフェリンによって鉄分を奪われた悪玉菌は増殖できずに死滅する可能性が高いのです。
そこへ乳酸菌を取り入れることで善玉菌が増え、腸内環境は急速に改善されます。さらに、ラクトフェリンは善玉菌を活性化させることができる餌のような役目を果たし、善玉菌の増殖を助けることも可能です。
ラクトフェリンで悪玉菌の増殖を抑え、乳酸菌で善玉菌を増やすという効率の良いシステムが出来上がるのです。

 

注意すべき点とは

 

乳酸菌と共にラクトフェリンを摂取し腸内環境の改善をすることで、体調管理ができると考えられます。しかし、乳酸菌は腸内でとどまることはないため、継続的に摂る必要があるでしょう。
乳酸菌が身体の中で働くことができる期間は、長くても約1週間が限度。乳酸菌の摂取は日々心がけると効果的です。
しかし、どのような成分でも取りすぎは体に悪影響を及ぼす可能性があります。過剰に摂取することは避け、適切な量を効果的な方法で摂取することが大切でしょう。
また、動物性乳酸菌は乳製品ですから、牛乳にアレルギーを持っている人、身体に合わないと感じる人は摂取できない可能性があります。その場合には、植物性乳酸菌の摂取が望ましいと考えられます。

 

ライオンのラクトフェリン

 

ラクトフェリンと乳酸菌が同時に取ることができるサプリメントがあるのをご存知でしょうか?
ライオンのラクトフェリン+ラブリであれば、植物性乳酸菌のラブリ菌が配合されているため、手軽に2つの相乗効果を得ることが可能です。植物性乳酸菌であれば、乳製品に抵抗がある人でも問題なく摂取が可能でしょう。
さらに、ライオンのラクトフェリンであれば、特殊なコーティングによりしっかりと腸内に届くため、胃酸の影響を受けることがありません。そのため、酸に弱いラクトフェリンと胃酸で死滅する可能性のある乳酸菌が腸まで届き、効果を十分に発揮してくれると考えられます。
腸内環境による不調が考えられる人や、便秘に悩まされている人は1度試してみてはいかがでしょうか。